閉じる
電話

お電話でお問い合わせ

以下のお電話番号から
お問い合わせください
(電話対応は営業時間内となります)

03-4500-1415

正しい保湿ケアで乾燥知らずの肌に!潤いのある美肌作り|凛クリニック銀座 美容皮膚科(美容医療・美肌治療)

COLUMNコラム

正しい保湿ケアで乾燥知らずの肌に!潤いのある美肌作り

  • 保湿
  • 悩み
  • 美容医療
2022.08.08

化粧水をたっぷり使っているのに肌がカサつく、乾燥によるシワができている、という人は正しい保湿ケアができていないのかも知れません。
間違った保湿ケアを続けていると、乾燥肌がいっこうに治らず、より深刻なお肌の悩みを抱えることになる可能性があります。
赤ちゃんのようにキメの細かい肌をキープするには、どのようなお手入れをすれば良いのでしょうか。
この記事では、乾燥知らずの美肌を目指す正しい保湿ケアを紹介します。

正しい保湿ケアで乾燥知らずの肌に!

保湿ケアとは

保湿ケアは「肌に水分をたっぷり与えれば良い」と考えていませんか。
コットンから滴るほどの化粧水を塗っても、すぐに乾いてしまっては保湿ができているとはいえず、間違ったスキンケアと言わざるを得ません。
また、保湿ケアが必要なのはボディも同じです。夏場は露出が増えますから手や腕、脚などがカサカサしていると紫外線のダメージも受けやすくなりますし、悪目立ちしてしまいます。
では正しい保湿ケアを行うにはどうすれば良いでしょうか。しっとり潤ったみずみずしい肌になるために気をつけたいポイントを確認してみましょう。

理想的な肌環境とは

肌は表面にある「表皮」、その奥にある「真皮」、表皮と真皮を支える「皮下組織」の3つの層で構成されています。表皮の外側の「角層」と呼ばれる部分が水分を蓄え、毛穴から分泌される皮脂と汗が混ざりあった「皮脂膜」が角層の水分を守っているのです。
正常な肌環境ではこのように肌の潤いが守られていますが、何らかの原因で肌の保湿力が失われると、肌は乾燥してしまいます。
保湿のポイントは、肌が自ら持っている「保湿力」や、肌を外部からの刺激から守る「バリア機能」を高め、お肌の環境を整えてあげることです。しっかり水分を蓄えられる肌は、バリア機能が正常に働きますから、乾燥だけでなく紫外線や雑菌が引き起こす肌トラブルも起きにくくなります。

肌の保湿力が低下する原因とは

肌の保湿力が低下する原因とは

肌のバリア機能が低下すると、角層が蓄えている水分は失われやすい状態になります。また、角層の保水力が低下すれば肌は乾燥してしまいます。これらの肌環境の乱れは何が原因で起こるのでしょうか。ひとつずつ確認してみましょう。

①間違ったスキンケア

間違ったスキンケアの多くは、「肌の摩擦」によるものです。
クレンジングや洗顔の際に肌をゴシゴシ擦ったりしていませんか?摩擦は肌に大きなダメージを与えてしまいますから、注意が必要です。
洗い上りがさっぱりするから、という理由で熱いお湯で洗い流すと、肌に必要な皮脂まで流れてしまい、肌の保湿力の低下につながります。洗顔時はぬるま湯を使いましょう。
また、朝は洗顔料を使わない、という人が意外と多いようですが、眠っている間にも皮脂分泌が行われています。ひどい乾燥肌でない限りは、余分な皮脂や汚れを落とすために洗顔料を使って洗顔をするようにしましょう。
ボディソープは洗浄力の強いものが多いので、肌の負担の少ない石鹸を泡立てて使うか保湿成分が配合されたものを使うと良いでしょう。ゴシゴシ擦るのではなく、お顔と同じように泡を滑らせるように洗います。流し残しがあると肌トラブルにつながりますので、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

②紫外線

日焼け止めは夏の、晴れた日に、出かける時だけ塗れば良いと思っていませんか?
地球まで届く紫外線にはA波とB波がありますが、A波は家の中にいても窓ガラスを通過して降り注いでいます。
紫外線は肌のバリア機能を低下させるといわれていますが、肌のターンオーバーにも影響を及ぼします。紫外線でダメージを受けた上にターンオーバーで修復できないとなると肌環境が悪化する一方になりますから、季節や天候に関わらず、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。
もちろん、日焼け止めは顔だけでなく、全身に塗るようにしましょう。

紫外線対策については、別記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひそちらもあわせてお読みください。
「紫外線対策は最も効果的なアンチエイジング!|光老化を防ぐ」

③肌のターンオーバーの乱れ

肌の奥で作られた細胞は、大体6週間ほどかけて肌の表面に上がってきて、それに押し出されるように古い角層の細胞は角質となって剥がれ落ちます。これが肌のターンオーバーです。血行不良や睡眠不足、食生活の偏りが原因で、このターンオーバーが乱れることもあります。ターンオーバーのサイクルが遅れれば、古い角質が長く肌の表面に留まって肌がごわつき、乾燥しやすい状態になってしまいますし、早すぎると保湿力の低い細胞が上がってきてしまい、乾燥の原因となります。

④加齢

加齢により皮脂の分泌が減少すると、肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると、肌は水分を蓄えていられなくなり、蒸発しやすくなってしまうのです。
減少してしまった皮脂を補うために、いつものお手入れにクリームをプラスするなどして肌のバリア機能を維持できるよう、しっかりケアをしましょう。
また、加齢により女性ホルモンが減少することも肌の保湿力に影響がありますから、大豆製品などを積極的に摂ることも効果的です。

⑤食生活の偏り

肌は食べた物で作られますから、何を食べるかはとても大切。栄養バランスが偏ってしまうと、肌が必要としている栄養が不足する可能性もあります。
自炊をしていると健康的なイメージがありますが、作っている物を振り返ると、炭水化物ばかりで他の栄養が摂れていない、というケースも少なくありません。
健康的な肌を保つためには、肌のターンオーバーに必要なたんぱく質やビタミン、ミネラル、亜鉛などを積極的に摂りつつ、バランスの良い食事を心がけましょう。
(参考資料:全国健康保険協会「食事から始める肌荒れ・ニキビ対策!」

正しい保湿ケアを始めましょう

正しい保湿ケアを始めましょう

肌の保水力を維持するためには正しい保湿ケアを行うことが大切です。順を追って確認していきましょう。

①クレンジング

クレンジング剤には、洗浄力の弱いミルクタイプ、洗浄力の強いオイルタイプ、シートタイプで洗い流す必要のないものと様々ですが、メイクやお肌の状態によって選ぶようにしましょう。肌がひどく乾燥している時は、洗浄力の強いオイルタイプはおすすめしません。
また、楽だからといっていつもシートタイプのクレンジング剤を使っていると、クレンジング剤が毛穴をふさいで肌トラブルになる可能性があります。また、メイクを拭き取る際、肌を摩擦してしまうこともありますから注意が必要です。
メイクは優しくしっかり落とすようにしましょう。

②洗顔

洗顔は、面倒でも泡立てネットなどを使ってしっかり泡立て、泡を滑らせるようなイメージで行いましょう。肌をゴシゴシ擦ってしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。
また、洗い流す際はぬるま湯か水を使いましょう。熱いお湯を使うとさっぱりした気持ちになりますが、肌に必要な角質や皮脂も流れてしまうのでおすすめしません。
洗顔料が肌に残っていると肌トラブルになる可能性があるので、すみずみまで洗い流しましょう。

③スキンケア

洗顔後はタオルで水分を吸わせるようにして拭き取ります。この時もゴシゴシ擦ると肌にダメージを与えてしまうので止めましょう。
お風呂上りは蒸気とともに肌の水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい状態ですから、スキンケアはできるだけ早く行うのがポイントです。
化粧水でお肌を整えたら、美容液や乳液、クリームで水分が逃げてしまわないよう蓋をします。化粧水はジャブジャブ使う必要はありません。肌に合うものを適量使いましょう。
手のひらで少し温めてから、優しく押さえるようにお顔全体になじませます。こうすると化粧水が浸透しやすくなりますよ。
化粧水をなじませたら、乳液やクリームで水分を閉じ込めてあげましょう。
ボディの保湿は、お風呂上がりのまだ水分が肌に残っている状態でボディローションやクリームをつけてあげると浸透しやすいです。
すねの部分は皮脂分泌があまり無いため、乾燥して粉を拭きやすいですからしっかり保湿しましょう。
硬くなりやすいひじやひざ、かかとは尿素入りのクリームがおすすめです。

美容医療のスキンケア

美容医療のスキンケア

残念ながら正しい保湿ケアを始めればすぐに効果が現れる、というものではありません。効果が現れるまでには時間がかかります。
そのためセルフケアだけに頼るのではなく、美容医療のスキンケアを取り入れる人が増えているのをご存知でしょうか。
美容医療と聞くと、「切る」とか「痛い」というイメージがありますが、「切らない」「痛みのない」「効果の高い」スキンケアメニューもあるのです。


今回おすすめしたいのは「ヒト乳歯幹細胞培養上清液」を使ったエレクトロポレーションです。ヒト乳歯幹細胞培養上清液は、傷ついた細胞を活性化して再生を促してくれる、エイジングケアの分野でも注目されている話題の成分。この成分を、エレクトロポレーションで肌の奥に届けます。

エレクトロポレーションとは

エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスを使って一時的に肌に小さなすき間を作り、そこから肌の奥に美容成分を届ける施術です。エレクトロポレーションはエステなどで人気のイオン導入の20倍の浸透率があるといわれており、肌の鎮静や保湿に特化しています。
エレクトロポレーションは、紫外線による乾燥や、出来ているかもしれないシミの対策も可能です。

エレクトロポレーションをおすすめする理由

エレクトロポレーションをおすすめするのには次のような問題が背景にあります。

  • 保湿力が低下した肌は、高価なスキンケア用品を使っても、改善に時間がかかる
  • 肌のターンオーバーに効果のある栄養を摂っても、体の修復が優先されてしまう

エレクトロポレーションでダイレクトに肌に栄養を届けられれば、肌環境の早い改善が見込めます。

エレクトロポレーションのメリット

  • 肌の奥の、栄養を届けたい部分に直接栄養を届けられる
  • 肌環境の改善と同時にたるみやしわなどのエイジングケアや美白効果が期待できる
  • ダウンタイム(施術後、通常の生活に戻るまでの期間)が無い(個人差があります)
  • 美容医療の施術でも「切らない施術」で「痛みがない」
  • 効果の持続期間が2週間~1か月ある(エステのイオン導入より長く持続する)
  • 一度の施術で効果が実感できる

エレクトロポレーションのデメリット

エレクトロポレーションはデメリットらしいデメリットはありません。痛みもなく、切らないので痕も残りませんから、安心して施術を受けられます。

エレクトロポレーションの施術がモニター料金で受けられます。
(適用条件あり)

身体エレクトロポレーションのモニター詳細ページはこちら
> > https://rinclinic.jp/pickup/monitor/#5

まとめ

保湿ケアはとても大切ですが、肌環境が整っていないとせっかく栄養を与えても改善に時間がかかってしまいます。まずエレクトロポレーションで肌環境を整えてあげれば、維持するだけで良いので、その後のスキンケアがずいぶん楽になり、非常に効率的です。
肌環境が整った肌はターンオーバーも正常に行われますので、肌トラブルも起こりにくくなります。
また、ボディの保湿ケアは忘れがちですが、意外と見られている部分ですからしっかりケアをしたいですね。エレクトロポレーションで、周りからもうらやましがられる美肌を手に入れましょう。

関連記事